2007年02月25日

きっかけの出来事

 「お前は本当にダメなやつだ」「何をやってもダメだ」「また失敗した」「ばか」「あほ」

 夫から投げつけられるこれらの言葉に、私は感謝していた。私のためを思い、あえて嫌な事を指摘してくれて、夫だけが本当のことを言ってくれる。私はますます夫に信頼を深め、前向きに努力を心がけたものだった。

 しかし、それが真実であれば、着実に弱っていった私はなんなのか、という事になる。私は、自尊心が低すぎたから、自分の心を守れなかったのだと今は解るが、あの頃は全く気がついていなかった。


 昨年の2月上旬頃、私ははじめて心療内科にかかった。

 度々悪夢にうなされ、自分の悲鳴で夜中に目を覚まし、気がついたら、天井から降りてくる大きな蜘蛛に恐怖していて、布団から蜘蛛をはらう仕草をしているところで我に帰ったりということがあった。
 慢性的に睡眠不足だったし、動悸で苦しかったし、落ち込んだ精神状態が続き、仕事に集中出来なくて支障が出る、そう思い相談にいったのだった。

 心療内科で私は、原因は仕事のストレスだと思います、と伝えていた。夫のことばの暴力が原因だとは思ってもみなかった。

 だが、同じく昨年の3月のある日、夫との暮らしが辛くて仕方ないと、はじめてはっきりと自覚する出来事があった。

 そのきっかけの出来事は、私の高校時代の部活の、顧問の先生が定年退職されるのでお祝いの会食が開かれ、出席した日に起こった。
続きを読む
posted by ブラン at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

サイトの紹介

 今週から、私の休みの曜日が変わった。今日がその休みの日だったので、私は友達の子のお見舞いに出かけてきた。
 メールで、子供が入院したことを知らせてくれたのが一昨日。「大丈夫?とにかくお大事にして!」「ありがとう」とやりとりをしたが、電話でお見舞いに行ってもいいか話すことが出来たのが昨夜だった。

 友達と色々話すことが出来てよかった。私に出来ることは、話を聞くくらいしかないのは解っているけれど、それでも出来ることはしておきたい。これから何が出来るだろう・・・そう考えながら、私は別の事にも考えを巡らせていた。

 この友達とは、昨年の私の家出前日の夜に偶然ばったり会ったのだが、半年以上振りに会った私の様子が尋常でなく、実は翌日家を出るので準備しているところだ、と言うとすぐに理解し、応援し、励ましてくれた。家を出る事に最後まで悩んでいた私は、この偶然にも背中を押された気がして勇気がでた。

 そして私は、夫から「お前の周りにはろくなやつがいない」と言われた時に、反論できなかった事が許せなくて今も悔やんでいる。

 これからは、自分の大事な存在を、思うまま自由に大事にすることが出来る。そうしなかった今までの自分を決して忘れない。

 夫にはいいところもあった。今は謝罪一辺倒の夫の事をもう一度信じてみようか、と自分に問いかけてみたが、私の心はその問いかけに暗く沈黙した。

 それが答えなのだと思う。 
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

 前置きが長くなりましたが、今日は、私がいつも更新を楽しみに訪問させていただいているブログを紹介させていただきます。

 こころの声に耳をすませて

 壮絶なモラハラ体験を綴られながらも、聡明で暖かいお人柄が伝わってくる、ウメさんのブログです。

 脱出を果たされる経緯は、拝見しながらドキドキ引き込まれたものですが、一歩一歩進まれるウメさんからは、励ましのメッセージを感じています。

 そして、ブログのタイトルは、迷った時に自分に問いかける言葉になりました。(^^)
posted by ブラン at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

お風呂日和(^^)

 私は、長風呂をするのが好きだ。
 今日は雨降りだったし寒かったから、のんびりお風呂につかるぞ〜!と気合をいれてのんびりしたら、40分以上はいっていた。大満足。

 以前の生活では、浴槽につかるのは10分までと決め、全部で20分〜25分くらいであがるように気をつけていた。というのも、あまり長風呂して夫を一人で放置すると、夫は機嫌が悪くなるからだった。(いい加減にしろ!と怒られたこともある)

 夫は、家の中で過ごす時、いつも私を傍に置きたがった。
 これはノロケでもなんでもない。なぜなら、本当にただ傍に置くだけだったから。私の意思は尊重されなかったから、居心地のいいものではなかった。

 例えば、夕飯後の片付けが終わり、テレビをみながら寛いでいる時。私の興味ない番組だったから、私は別のことをしようと席を立とうとすると、待ったがかかる。なら友達にメールでも・・・と、携帯電話をいじっていると、話し掛けてきたり、注意をひいて邪魔をされる。時には、くだらないメールをする時間があったら他にやる事があるだろう、と怒られる。
 ある時は、体調が悪いから早く就寝したいと言ってみたが、夫の用事が終わるまで待たされた。私が先に就寝する事は許されなかった。私は、本当にその場に座ってただ静かに居なければならなかったのだ。

 こんな風に過去の生活を振り返り、記事を書き始めてみたが、今日書いたような事は大した事ではないと思う。というか、実は夫をモラハラ加害者と決め付けているようで昨日辺りから罪悪感を感じたり、、、ちょっと混乱している。(^^;)

 私にとって、夫がモラハラ加害者かどうか、という事はもう問題ではない。私は、あの暮らしで起こっていた事を振り返り、家を出た決断が間違っていないと、改めて確認したいのだろう。
posted by ブラン at 23:50| Comment(8) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

書籍紹介

 今日は、書籍の紹介をしたいと思う。
 このブログで、モラルハラスメントについて私なりに書き綴る・・・と言っても、やはり基本は押えないと、と思ったのだ。(^_^;)


モラル・ハラスメント 人を傷つけずにはいられない
マリー=フランス・イルゴエンヌ[著] 高野 優[訳]



 これを手に入れたのは昨年の春だった。
 ある出来事をきっかけに、「夫との生活が辛くて仕方ない」と自覚し、間もない頃だ。

 この書籍の存在を知り、早速amazonで注文することにしたのだが、読みはじめてみると胸が苦しく、しんどかった事を覚えている。

 amasonでカスタマーレビューが見れるので、興味のある方はそちらもご覧頂くといいと思うが、私も、特に印象に残った事などを記しておきたいと思う。
(※なるべく書籍中に出てきた言葉を用いるようにした。読みづらかったり理解しづらい点は先にお詫びします。)


 この書籍によると、モラル・ハラスメントの加害者は、きわめて自己愛的な人間(自己愛的な変質者)である、と書かれている。
 そして、加害者は、内心の葛藤を自分の内部で処理できないため、外部に向けて、他人を破壊することで、不安から逃れようとする、という事も書かれている。


 暴言を吐いてしまったり、言葉により誰かを傷つけてしまうことは、誰にでもあり得ると思う。私自身も、気をつけよう、と考えさせられたりするが、普通は誰かを傷つけてしまったら後悔したり反省したりするものだし、罪悪感で苦しい気持ちになったりするだろう。

 だが、モラル・ハラスメント加害者の場合は、罪悪感を抱く事がない。

 そもそも、被害者は加害者のための身代わりの犠牲者(スケープゴート)であって、加害者が耐えられないものを引き受けてくれる入れ物なのだ。
 だから、加害者は精神の均衡をはかるために、自分の優位性を保つために、スケープゴートの対象者に対して、常に言葉や態度による攻撃をする必要がある。
 とても巧妙に、被害者や周囲にはそれが暴力なのだと解らないように、というよりも、加害者自身、悪いという意識が無いのだから、無意識の行為だったりするのだ。

 そのような恐ろしい人が自分の身近にいるということは、とても信じられないと思ったが、現実に起こっている事なのだ。

 いつの間にか人間失格の烙印を押され、ダメ人間扱いされ、自分に自信がもてなくなり、すっかり心が弱ってしまった状態では、自分を助けることは出来ない。
 状況を理解し、加害者について知ることは、自分の心を守るためにとても必要だと思う。この書籍に出会えてよかった、必読の一冊だと思う。

(※尚、家庭内のことだけでなく、職場モラハラについても書かれています)
posted by ブラン at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

冤罪事件?

 昨夜、はじめてこのブログに記事を書いたせいか、床についてからも、自分が結婚生活で味わった苦しさについて考えていた。

 私は夫から言葉の暴力を受けていた、と思う。
 「お前は本当にダメなやつだ」以外にも「何をやらせてもダメだ」とか「何をやらせてもぐずだ」とか「何回言ってもダメだな」とか似たようなことをたくさん言われた。

 私は夫と暮らすようになってもずっとフルタイムで仕事を続け、ずっと共働きだったが、夫の方が通勤時間が長かったし、仕事の内容も大変だったから、家事は私が中心にするのは当たり前だと思っていた。夫が洗濯機を回してくれたり料理をしてくれれば心から感謝した。
 出来るだけ夫に家の中で快適に過ごして欲しくて、仕事と家事の両立に、不器用な私なりに頑張ったつもりだった。そして夫も、二人で過ごすための時間が何より大事だといい、仕事以外の時間は私と過ごそうと努力し、休日にはお互い疲れていても無理をしてでも外出に連れ出してくれていたから、他人からみれば私たちは相思相愛のとても仲睦まじい夫婦に見えただろう。

 だが、夫は「ありがとう」とか「お疲れさん」等の私を労わる言葉はかけてくれなかった。どころか、些細な私の失敗を冷徹に追及するようになっていった。頑張ったこと、努力したことは一切評価しなかったが、行き届かない事は指摘した。

 私は徐々に何かがおかしい・・・と不安を募らせていった。
 夫が寛大で、私の行き届かない点に目を瞑ってくれているから夫婦生活が円満に行っているのだというような状況が出来上がっていき、最後には、何をやってもダメ出しされる恐怖で私は夫からの言葉にピリピリし、情緒不安定であったと思う。

 あの苦しさを人に説明するのは難しい。そう思い、昨夜布団の中で考えをめぐらせていてふいに思った。

 「痴漢の冤罪」に似ているかも!

 痴漢の冤罪被害者の方からすれば「ちょっと待て!」と思われるかもしれない。勝手なことを書いて全く申し訳ないが、それくらい、言いようのない説明しがたい苦しみだったのだ。「そこにいたのだから痴漢したに違いない」という決めつけ。私も、何かあれば、最初から私のせいだという事が決まっていた。
 


 ・・・という事で、私なりに思うことをかいてみた。

 モラルハラスメントとは、「言葉の暴力」、「精神的虐待」、「家庭内のいじめ」等と言われているが、イマイチぴんと来ない方の方が多いだろう。実態はとても解りづらいと思う。

 だから、私の言葉で、私なりに書き綴ることで、言葉の暴力に苦しむ方が、またその周囲にいる方が、状況を理解するための何かのきっかけになったら・・・いささかおこがましい気もするが、そのように願い、これからも思うことを綴っていきたい。私自身、「モラルハラスメント」という言葉に出会い、関連サイトや書籍を読み漁るにつけ衝撃をうけつつ、とても救われた事を思い出しながら。
posted by ブラン at 22:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

はじめての日記

 私は、昨年の秋も深まった頃、それまで夫と住んでいた家を出、夜逃げ同然に、今住んでいる部屋で一人暮らしをはじめた。

 幸せになれると信じ、愛する人と結婚したはずだったのに、夫との暮らしは辛いものだった。夫からよく言われた、忘れられない言葉は

 「お前は本当に駄目なやつだな!」

 結果が全てで、夫の気に入らなければ私のした事は全てダメだしをされる。いつもいつも人間失格の烙印を押される恐怖と、気持ちが伝わらず、努力が報われない虚しさに向き合わなければならなかった。私が悪いのだから、もっと頑張らなければ。そう考え自分を納得させてきた。

 私は段々と睡眠障害、不眠、動悸、耳鳴り、倦怠感等の心身症状に悩まされるようになった。そしてついに家を出たのだが・・・

 夫と離れた一人の生活で、自分を取り戻し、元気を取り戻していけるはずだった。しかし、私は今も、不定期に自分の心に襲いかかる自己否定感に苦しんでいる。
 「私は何をやってもダメだ」「私は存在するだけで迷惑なのだ」「迷惑をかけながら生きるのは辛い」「生きる資格なんかないのに。もう終らせたい・・・」

 我ながら危ない思考状態だとは思うのだが、その時はどうする事もできないのだ。

 きっと結婚生活がうまくいかなかった挫折感、努力がむくわれなかった虚無感も影響しているのだと思う。私はここまでネガティブ思考な人間ではないはずで、本来はポジティブなはずで・・・と自分では思っている。一応。(^_^;)

 人生修行だ。
 自分を取り戻すために、自分に向き合い、思うことを綴ってみよう!

 ということで、このブログを立ち上げてみた。
 ただの過去の愚痴の日もあると思うがどうか寛大な心で見守っていただけたらと思う。もし、未熟な私にご意見を頂けるならありがたいと思う。

 何卒よろしくお願い申し上げます!(^^)
posted by ブラン at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。