2007年02月25日

きっかけの出来事

 「お前は本当にダメなやつだ」「何をやってもダメだ」「また失敗した」「ばか」「あほ」

 夫から投げつけられるこれらの言葉に、私は感謝していた。私のためを思い、あえて嫌な事を指摘してくれて、夫だけが本当のことを言ってくれる。私はますます夫に信頼を深め、前向きに努力を心がけたものだった。

 しかし、それが真実であれば、着実に弱っていった私はなんなのか、という事になる。私は、自尊心が低すぎたから、自分の心を守れなかったのだと今は解るが、あの頃は全く気がついていなかった。


 昨年の2月上旬頃、私ははじめて心療内科にかかった。

 度々悪夢にうなされ、自分の悲鳴で夜中に目を覚まし、気がついたら、天井から降りてくる大きな蜘蛛に恐怖していて、布団から蜘蛛をはらう仕草をしているところで我に帰ったりということがあった。
 慢性的に睡眠不足だったし、動悸で苦しかったし、落ち込んだ精神状態が続き、仕事に集中出来なくて支障が出る、そう思い相談にいったのだった。

 心療内科で私は、原因は仕事のストレスだと思います、と伝えていた。夫のことばの暴力が原因だとは思ってもみなかった。

 だが、同じく昨年の3月のある日、夫との暮らしが辛くて仕方ないと、はじめてはっきりと自覚する出来事があった。

 そのきっかけの出来事は、私の高校時代の部活の、顧問の先生が定年退職されるのでお祝いの会食が開かれ、出席した日に起こった。
続きを読む
posted by ブラン at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。