2007年04月11日

二人暮しの思い出(続き)

 夫と暮らし始め、毎朝早起きをするので、出来るだけ22時とか23時までに就寝したくて、平日は時間に追われていた。そして休日は泥のように眠る、そんな日々だった。

 2年目くらいに、夫が人事異動で本社勤務となり、フレックスタイム制になったため、朝の出勤時間がゆっくりになった。6時頃起床。夫が電車通勤になったので、最寄り駅に7時半頃車で送り、一旦家に戻ってから私も出勤する生活だった。
 
 その数年後には、また早起きに逆戻りしたけれど、ハードな毎日でも頑張れたのは、夫と力をあわせていると思えばこそだったと思う。

 私の勤務先に近いところに部屋を借りたから、夫の通勤が大変だった事に申し訳なく思ったし、感謝もしていた。夫の負担を考えれば、そう思うのは自然だと思っていた。

 でも、いつ頃からか、夫との暮らしに息苦しさを感じるようになった。


 朝食は、いつもゆっくりニュースを見ながらとっていた。
 夫の席にはノートパソコンが置いてあって、朝食をとりながらメールチェックやネットのニュースのチェックをしていた。
 私はつい夫に話しかけてしまい・・・夫から「今、仕事のメールに集中しているのが解らないのか?」と怒られたりした。

 確かに、夫の仕事の邪魔をするべきではないと思ったから、パソコンを閉じている時ならいいだろう・・・そう思い話しかける。
 すると「今、ニュースに集中しているのが解らないのか?」冷たい顔で言い放たれる。

 パソコンも閉じてるし、テレビは今CMだ。今なら大丈夫だろう、そう思い話しかけると「で、結論は?お前の話は長いから疲れるんだよ」
 「今のタイミングで話しかけられたら、それまでのニュースにに関連した内容だと思うだろう?最後のオチがあるのかと思って待ってるんだけど。結局なんなんだよ?」


 夫は、私が話す事には厳しい反応をすることが多かった。

 朝はあまりおしゃべりをしたくないのは普通だと思う。だからキツイ事を言ったのだろう。そう理解しようと思ったけれど、朝だけに限った事ではなかった。

 いつも、話しかけるタイミングをはかり、やっと話す事が出来ても、私の話し方はダラダラ長く理路整然としていないからイライラするとか言われる。
 とんちんかんなタイミングで、突拍子もない事を言ったりして、人を不愉快にさせると言われる。
 「お前は本当に浅はかだな」「軽薄だな」

 そんな風に言われる度、私は「ごめんね」と謝った。「気をつけるね」と反省した。私はなるべく気軽にしゃべらない方がいいようだ。言葉を選んでしゃべるようになったが、それでもうまく会話が出来ない自分の事がどんどん嫌いになった。


 夫との二人暮しの思い出・・・気楽に話も出来なくて、「二人でいるのに孤独で、寂しかった」という虚しさ、悲しい気持ちが、心の奥の深い所からこみ上げてくる。

 いつも「ごめんね」と謝り、まずは自分自身の反省をしていた私は、状況がよくなるよう努力したつもりだったのだが、状況はどんどん悪くなるばかりで、全くよくなる事はないのに、更に自分を責めて、苦しんでいた。 

 「ごめんね」 この言葉は私にとって「私が悪いのだ」、と自分を否定する言葉だった。
 この言葉を発した時の私は、どんどん自分をすり減らしていたのだなぁ、と最近になって実感している。



_______________________________


 二人暮しの思い出を書き始めたら、段々と落ち込んでしまい、
 書く気力が沸かず、随分と間が空いてしまいました。
 ゆっくり書き続けていこうと思っておりますので
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
posted by ブラン at 18:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。