2007年05月23日

心にひろがる青空

 先日、公共料金口座引き落としについて書いて、放置してしまった自分を反省したので、早速口座変更のための書類を手配し、夫にその旨伝え、手続きをよろしくお願いしますとメールした。また、胸の奥にしまっておこうと思っていた事もぶつけてみた。

 すると、夫の反応は、、、「恨みつらみが書かれて辛い」、というものだった。でも、離婚には応じてくれる事になった。

 この経緯については、自分の中で整理が出来たらブログに書こうと思っているけれど、私は決して感情的になって夫を批難した訳ではなく、淡々と書いたつもりなのに、「恨みつらみを書かれて辛い」という夫の反応には落胆したし、混乱した。

 「私のせいなの?また私が悪い、という事にされるの?」と、苦しくなってしまった。動悸と眩暈と過呼吸で起きていられなくなった。


 二日経過し思うのは、私が家を出てから謝罪一辺倒の夫だったから、やり直すかどうか悩んだ事もあったけれど、やっぱり、ちっとも解ってくれてなかったのだと、ようやく理解できた。家に戻らなくて正解だった、と心から思った。

 結局私の片思いだったのであって、思いが伝わる事はなかったのだ、、、という、喪失感にも襲われたし、虚しい気持ちもあるけれど、それでも、離婚に応じてくれる事になったのだから、ほっとしている。

 昨夜、妹と父が「たまには一緒に飲もう」と私の部屋にやってきた。父とは一時期関係が悪化したが、今は穏やかに、お互いを尊重する間柄になれたように思う。とても嬉しい。

 そして、私がつくったスープを美味しいと喜んでくれ、美味しい日本酒をつぎあいながら、楽しい時間を過ごした。

 今、昨夜の光景を頭に浮かべながら、自分が手に入れたこの穏やかな暮らしが本当に嬉しい、と実感する私がいる。夫と離れたからこそ手に入れる事が出来たのだ。社会的な面やあらゆる面で、夫がいる、という事は、一人でいるよりも安心感があるものだと思うけれど、それを手放しても一人になってよかったと心から思った。


 この決断をするまでに、モラルハラスメント・ブログのまっち〜さんの「モラといた日々」と「モラのいない日々」という記事と、この共同企画に賛同されている方々のブログを、何度も拝読させていただいた事を思い出す。私も自由になりたい、「心の自由」を手に入れたい、そう願い、決断し、行動に移す事が出来た。

 今日、改めてまっち〜さんの記事を拝見させて頂いた。
 まっち〜さんは、再婚され、今のご主人との暮らしの事を

「俺の責任だ」と言われることがあっても、
「お前のせいだ」と一度も言われたことはない。

と書かれている。私の夫は全く逆だったなぁ・・・とつくづく思った。私の夫は、悲しい表情でいじけ、私を責め続け、それは最後まで変わらなかったのだ。

 夫がモラかどうか、悩んで悩んで悩んだけれど、問題はその事なのではなくて、夫との生活で私が混乱し辛いと感じた事で、それが真実だったのだ、と思った。


 今日の私の心には、青空が広がっています。
 今日の私がいる事を、心から感謝します。
posted by ブラン at 07:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

怒りの感情

 今私は、夫と別居中だ。
 夫と暮らしていた部屋を出てから、何度か夫と話し合いを持ち、私は離婚したいのだと意思表示をし、夫も最後には納得してくれていた。諸々の都合により、離婚届はある時期まで先延ばししたいという夫の申し出を私も承諾し、円満に離婚できる予定だった。

 家を出る時、夫の出張中の留守の時に、夜逃げのように出てしまった、という引け目があったから、出来るだけ夫が納得するかたちで離婚届を出したいと思っていた。だから、私は心底ほっとした。約束の期日を待つのみ。心の準備をしておかなければ。そんな風に思っていた。

 光熱費の一部(上水道・ガス・電話代金)が、今も私の口座から落ちていて、話し合いの時に、口座の変更手続きの書類を取り寄せるからよろしくお願いしますと告げてあったが、諸々の引け目もあり、離婚が成立するまではこのままにしておいて、離婚してから手続きしてもらえばいいと思い、放置してしまった。

 人間という生き物は、感情のある生き物。だから、負い目、とか引け目、とか、諸々の複雑な感情に支配され、もっとも望ましいと思う行動をとる事が出来なかったりする、本当に複雑難解な生き物だと思う。自分でも、これはちょっと言い訳っぽいかと反省するけれど、とにかく出来るだけ複雑なのは避けて、単純に生きる方がいいよな・・・つくづくそう思う。


 夫に、約束の時期になったから、離婚届を送ってくれるようにメールしたが、思うようにスムースに進まなくて、合意していたはずの離婚の話が決裂してしまった。

 ここまでの経緯に、私は引け目とか、負い目とか、余計な感情をはさんでしまったから、進め方を誤ったのだろう。
 約束を反故にされたのは、結局のところ夫は最初から離婚に承諾なんかしてなかった、それだけなんだろう。

 スムーズに離婚できたら胸の奥にしまっておこうと思った事を、しまっておくのはやめようと思った。

 私は、これまでたくさん傷つけられたのだから、それなりに、気持ちを吐き出してもいいのではと思った。ふざけやがって。なめやがって。馬鹿にしやがって。許せない。今日の私は怒っている。



 ・・・ちょっと疲れちゃったので、不適切な言葉を並べてしまい、申し訳ありません。ずっと落ち込んでいた私を心配して頂いていたのに、こんなんで申し訳ないです。ご容赦頂けたら誠に幸いです。。。
posted by ブラン at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

今日から仕事

 世間ではGWは今日で終わりだけれど、私は今日から仕事だった。
 個人経営の会社に勤めているから休みが少ないのは仕方ないとして、それでも、GWの前半後半合計して4日間も休めたから、ここのところ精神的にいっぱいいっぱいだった私としては、この休日はとてもありがたかった。

 4日間は何かしら用事があり出かけたりして過ごしたけれど、一日の大半をぼーっとして過ごしたり、布団にくるまって横になって過ごしたり、結構のんびりすることが出来た。

 部屋の片付け・お掃除も少しはしたけれど、「何もしない」贅沢を満喫した気がする。何もしたくなくて、思うまま、ぼーっと過ごすのって、とても贅沢な事だと思う。

 以前は、夫から家事の不手際を指摘される事への恐怖感があり、出来るだけ家の中では動き回るようにしていた。たとえば洗面所に髪の毛が1、2本落ちているだけで「綺麗にしておかなかった」罪により極悪非道で家事の出来ない妻の烙印を押されたから、心からぼーっとしてのんびりする事は出来なかったのだ。

 今、一人で暮らすようになった私は、時間は豊富にあるけれど、何をしたいのだろう?と思いつつ、何もする気にならず、ぼーっとしているばかりで・・・これではイカン、と焦る気持ちもあるけれど、「したい事が見つかるまで、ぼーっと過ごしたっていいじゃん」そんな風に思うようになった。

 夫は、多趣味な人だった。器用でなんでも出来る人だった。夫のお陰で色々な経験が出来たのは確かだけれど、それでもいつもいつもダメ人間扱いされ、罵られ、蔑まされ、私は精神的に病んでしまう一歩手前に至った。それは元々の私の資質もあるから夫ばかり責める気はないが、夫から離れてすぐに自分が理想とする姿になれなかったとしても、そんな自分を責める事はない、と思うのだ。

 落ち込み、ぐずぐず言っていて情けない私だけれど、別にそれは恥ずべきことじゃない、と思うのだ。私はまだ、自分探しをはじめたばかり。必要以上に自分を責めるのはやめようと思う。

 私がこのブログをたちあげたきっかけに、ご自身の壮絶なモラハラ体験をブログに綴り書き続けて下さる方の存在があった。とても影響をうけたり、心に響いた言葉をたくさんいただいてきたから、それらの言葉を記していきたいと思っていたのに、まだまだ出来ていない。

 情けない・・・と苦々しく思うけれど、そんな迷える私に今もメッセージを送り続けて下さる事に感謝する、私のリンク先の二つのブログは、一人暮らしをするようになった今も毎日アクセスせずにいられない、大好きなブログだ。共依存症的な生き方をしてきてしまった私は、今までの人生のツケが今まわってきたのだと思う。夫から離れたから問題が即解決、とはいかなくて、これからどう生きるかが私のテーマで、まだまだ五里霧中な状態だけれど、そんな自分を受け入れ、ゆっくり歩いていきたいと思う。そんな心境の今日この頃です。

 って、なんだか全くひとり言をつらつらと大変失礼いたしました。m(__;)m
posted by ブラン at 00:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。