2007年03月10日

モラハラ特集

 昨日のTBSイブニングファイブで、モラハラ特集があるとの事だったので、勤務先で午後6時閉店した後に一人でテレビを見た。
 わが事務所は、交通量の激しい通りに面しているため、大型車両が通るとうるさくてテレビの音が聞きづらい。なので落ち着かなかったけれど、食い入るように見た。

 テレビを見る前に新聞で確認すると、「妻から夫への虐待」と書いてあった。

 被害男性の方は3年前に離婚した、との事だったが、その時の元妻からの虐待について語っていた。
 共働きだった元妻と、家事は分担する約束だったが、男性が家事全般をせざるを得ない状況になり、しまいには男性が家事をしておかないと元妻は不機嫌になり、階段をバタバタと音をたてて上がったり、ドアをバタン!と激しくしめたりして怒りを表現し、男性を暗に、態度により責めたという。

 また、臭いとか汚いとか、子供の前で「ダメ人間」などと暴言を浴びせたという。「悔しかったです」と語る男性は18年間も耐えたということだが・・・

 酷い。酷すぎる。つい甘えて我がままばかり言ってしまった、というレベルではないと思う。

 でも、私も、自分が言葉の暴力を経験していなければ、ピンとこなかったかもしれない。
 そこまで性格異常な人とどうして結婚したの?と思ったかもしれない。はたから見たら、その元妻は全く普通の人で、家庭内で虐待があるなどとは誰も想像がつかなかったのではないか。

 夫側から離婚の相談を受けているという行政書士によると、妻からの虐待は、実は多く相談がよせられているとの事だ。

 私は、「怒鳴ったり暴力的な面を伴わない」言葉による虐待を夫から受けていた。だから、自分自身なかなか気付くことが出来なかったので、この特集の男性にとても共感した。「臭いと汚いとか」という暴言を浴びせられた経験を語られているのを聞き、涙がとまらなくなった。声をあげて泣いてしまった。

 そして、報道の中で元夫から鼻骨骨折をさせられた被害女性の証言もあった。

 鼻骨骨折をさせられる前に壮絶な精神的虐待があり、脱出を決意されていたというのに、脱出を果たす前に起きてしまった不幸な出来事だった。

 しかし、その後に脱出を果たされ、離婚が成立し、
 そして、元妻から虐待を受けていたというその男性と再婚されたとの事。今は最高に幸せです、という言葉に胸が熱くなった。


 この特集は、モラハラ被害者の方からの1通のメールがきっかけでなされたとの事。
 今もモラハラ被害に苦しむ方々にメッセージを送り続けて下さるこのご夫婦には、言葉ではいいつくせない感謝の気持ちがこみ上げてくる。

 ご多幸を願わずにはいられない。
posted by ブラン at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

う〜ん、私自身はそう思ってなかったけど、うちも立派な(元妻からの)モラルハラスメントだったんですね。食事の支度以外はほとんど私がやってた(やらされてた)から。しないと文句言われるんで、結局、嫌な顔されたくなくて、私がしてしまってたから。それで平和ならいいや、って諦めてたしね。

知らないということは、はたして幸せなのか不幸なのか、考えてしまいます^_^;
Posted by poohpapa at 2007年03月11日 20:03
poohpapa様、こんばんは

私も、この記事を書きながらpoohpapaさんの元妻さんとの経緯を思い出していました。
よく耐えられましたよね・・・今がお幸せで本当によかったです。

自分が犠牲になる事でやっと保っていられる家庭ってなんなのか、と思いますね。
せっかく縁あって結婚した相手とそんな結末になるとは思いませんから、悲しいし、辛いですよね。

しつこくてすみませんが、私は、本当にpoohpapaさんが家を出られて、今の家庭で奥様と愛猫ちゃんとお幸せに暮らしていらっしゃる事が嬉しくて仕方ありません。
これからもずっと末永くお幸せに過ごして下さるように願っています。

モラルハラスメントという言葉がもっと広く知れ渡ってくれれば、poohpapaさんが最後まで理不尽で腑に落ちない悪者扱いをされる事はなかったと思います。
Posted by ブラン at 2007年03月11日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35579217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。