2007年03月30日

二人暮しの思い出

 夫と最初に借りたアパートは、私の通勤時間は30分位、夫の通勤時間は2時間強、という場所にあった。

 私も夫も車通勤だった。毎朝二人で4時過ぎに起床し、二人で台所に立ち、二人で朝食とお弁当をつくる。
 その後夫は6時前に出かけていく。私は夫を送り出したら台所の片付けをし、掃除、洗濯等の家事をし、8時過ぎに出かけた。


 私は、家であまり母の手伝いをしなかったので、家事をする事に慣れていなかった。
 夫は、共働きの両親の家庭で育ったので、料理でもなんでも出来る人だった。

 だから私は、夫と暮らしはじめ、家事をするようになり、夫に家事を教えてもらったような感じだった。不慣れで手際が悪かったけれど、一生懸命努力していたし、生活は大変だけれど、好きな人と一緒に暮らせる事に幸せを感じていた。


 そんな中、私の記憶で、日常の夫の言動に最初に私が涙した出来事は確か、ある日の台所でのやりとりだった。

 何か料理をしていた時だったと思う。我が家ではいつも料理は夫が主導で、私はアシスタント的な感じだったので、その日も、私は夫の指示でフライパンを吊戸棚から出して、油をひいて、火をつける、という、作業をした時。

 夫が、私のその動作がなってない!と怒りだした。

 夫からすると、フライパンをコンロに置いたら、油を引く前に火をつけた方が効率がいいという訳で、私の「手際が悪い」事を非難したのだ。

 確かに、コンロに、フライパンを置いて、油をひくまでの間、先に火を点ければ、フライパンに熱が行き渡るまで数秒は早くすむのだから時間的に効率がいいのは解る。なるほど、と思う。夫のいう事は間違っていない。

 でも、私は、そこまで冷徹に、辛辣に非難される程の失敗をしたのだろうか?
 戸惑いながらも、確かに夫のいう事は正しいと思ったから「ごめんね」と謝った。

 いつも、納得のいかない気持ちがあっても、夫が正しいと思うから私は謝っていた。
 失敗する私が悪いのだから、当然に謝っていた。


※今朝になって文章を修正したのですが、結局まとまらなかったので後日に続きます 2007.3.31
posted by ブラン at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37302721

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。