2007年05月20日

怒りの感情

 今私は、夫と別居中だ。
 夫と暮らしていた部屋を出てから、何度か夫と話し合いを持ち、私は離婚したいのだと意思表示をし、夫も最後には納得してくれていた。諸々の都合により、離婚届はある時期まで先延ばししたいという夫の申し出を私も承諾し、円満に離婚できる予定だった。

 家を出る時、夫の出張中の留守の時に、夜逃げのように出てしまった、という引け目があったから、出来るだけ夫が納得するかたちで離婚届を出したいと思っていた。だから、私は心底ほっとした。約束の期日を待つのみ。心の準備をしておかなければ。そんな風に思っていた。

 光熱費の一部(上水道・ガス・電話代金)が、今も私の口座から落ちていて、話し合いの時に、口座の変更手続きの書類を取り寄せるからよろしくお願いしますと告げてあったが、諸々の引け目もあり、離婚が成立するまではこのままにしておいて、離婚してから手続きしてもらえばいいと思い、放置してしまった。

 人間という生き物は、感情のある生き物。だから、負い目、とか引け目、とか、諸々の複雑な感情に支配され、もっとも望ましいと思う行動をとる事が出来なかったりする、本当に複雑難解な生き物だと思う。自分でも、これはちょっと言い訳っぽいかと反省するけれど、とにかく出来るだけ複雑なのは避けて、単純に生きる方がいいよな・・・つくづくそう思う。


 夫に、約束の時期になったから、離婚届を送ってくれるようにメールしたが、思うようにスムースに進まなくて、合意していたはずの離婚の話が決裂してしまった。

 ここまでの経緯に、私は引け目とか、負い目とか、余計な感情をはさんでしまったから、進め方を誤ったのだろう。
 約束を反故にされたのは、結局のところ夫は最初から離婚に承諾なんかしてなかった、それだけなんだろう。

 スムーズに離婚できたら胸の奥にしまっておこうと思った事を、しまっておくのはやめようと思った。

 私は、これまでたくさん傷つけられたのだから、それなりに、気持ちを吐き出してもいいのではと思った。ふざけやがって。なめやがって。馬鹿にしやがって。許せない。今日の私は怒っている。



 ・・・ちょっと疲れちゃったので、不適切な言葉を並べてしまい、申し訳ありません。ずっと落ち込んでいた私を心配して頂いていたのに、こんなんで申し訳ないです。ご容赦頂けたら誠に幸いです。。。
posted by ブラン at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます

「下出に出れば付け上がる(増長する)」というのがモラハラ加害者の特徴なのかも知れませんね。おとなしく受け入れてしまうと、「ここまでしても怒らない。なら、ここまでならどうだ!」って感じでエスカレートしていくものなんでしょうね。

ここから先は毅然とした態度で臨むのがいいと思いますね。相手に「もう昔の女房とは違う、変わった」と思わせる必要があるのかも。

それと、たとえ夜逃げ同然に家を出たとしても、全く負い目を感じる必要は無い、と思いますよ。その時には「それしか選択肢が無かった」のですから、そういう状況に追い込んだ相手にこそ責任があります。

もう、自分を責めるのは止めましょうね。

Posted by poohpapa at 2007年05月21日 06:29
poohpapaさん、おはようございます

ありがとうございます。
頭の中が真っ白で、言葉がでてきませんが、何故か涙が出てきてしまいます。

コメントいただき嬉しいです。ありがとうございます!
Posted by ブラン at 2007年05月21日 07:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42270885

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。