2007年06月04日

離婚までの経緯

 結果的にいうと、元夫から拒否され、長期戦になりそうに思えた離婚の話が、その後あっけなく話がついた。
 今、私は晴れて一人身となれたけれど、そこには、M&Mさんからとても的確なアドバイスをいただき、私が夫へのそれまでの対応を変えた事が重要なポイントとなったので、記しておきたい。

 私は出来るだけ相手の都合を配慮し、気持ちを尊重して離婚手続きを進めようとしていたけれど、相手は自分の都合、自分の気持ちが優先で、こちらの気持ちを尊重しようとしないのだから、当然ながら、壁にぶちあたった。

 昨年私が家を出てから何度か会い、話し合いを重ね、離婚には合意できたけれど、離婚届は4月に出すこと、と約束していたのに、その約束を反故にし、元夫は気持ちが納得いくまで離婚届にはサインしない、と宣言した。私はショックを受け、落ち込んでいたが、M&Mさんの指摘にとても勇気づけられたものだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
何度も繰り返してしまいますが、基本的にモラ夫のすることというのは、同じで
す。

つまり、

・自分の都合が一番
・自分の感情が優先
・自分が得をすることが何より大事

これにそぐわない自分に都合の悪いことをしなければならなくなると、

「ひどい」
「冷たい」
「わがまま」
「勝手」
「とても許される事ではない」

などの言葉で相手を責めます。

また、自分が損することの次に、妻の喜ぶことが嫌いです。
自分になんの害もなくても、妻が喜ぶと自分が損している気になるみたいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 そうだ、私の夫は、モラだったんだ・・・だから、普通に相手を尊重した対応をするのは×で、モラに適した対応が必要なのだ・・・と悟った。落ち込んでいる場合ではない、と思った。

 アドバイス頂いた重要な点は、「夫に、すんなり離婚した方が得と思わせること。」

 そうしてつくったメールには、次のような内容を盛り込んだ。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 すんなり離婚するのは無理のようなので、調停を申し立て第三者に間に入ってもらい、離婚を要求するつもりでいる

 その際は、すんなり離婚出来たら請求しないでおこうと思っていた慰謝料や、財産分与の請求もするつもりでいる

 法的に夫婦であるので、婚姻費用の分担が請求できるはずなので、別居してからの分と、別居が続く限り毎月加算して請求する

 年金の分割も、私が一緒に過ごした期間分は私の国民年金を差し引いた額の2分の1に権利があるので請求する


 そして最後に、すぐに応じてくれる事を望んでいるけれど、翌週になっても私の元に離婚届がとどかなければ、調停を申し立てるつもりでいる、と締め括った。


 すると、、、結論から言うと、元夫はすぐに応じた。
 けれど、元夫の気持ちを理解しない私を責めるような、泣き言のようなメールも何件か入るというオマケがついた。

 私は元夫が本当に怖くなった。上に書いた私が要求するつもりだと宣言した内容は、どれも当然の私の権利と思えるものだったから、元夫が私にしてきた事を今回改めて自覚し、償うと申し出るかもしれないと思ったりしたのに、夫の反応は「ブランちゃんがそんなに私を恨んでるのが辛い、、、」という泣き言ばかりだったのだ。

 私は自分の権利なんか放棄してでも、離婚させてくれたらそれでいいと思っていた。でもそれは、別居してから夫が私に対してずっと謝罪していたからだった。

 元夫の謝罪は、許されるための謝罪でしかなかったようだ。許すか許さないかはこちらの気持ち次第のはずなのに、そうじゃなかった。謝罪しているのに許さない私が段々と悪者になっていくのだ。

 結局元夫に私の気持ちなんて何も伝わらなくて、最後まで被害者気取りの元夫の事が本当に怖くなった。
 何をしても私が悪者で、いつの間にか元夫が被害者のようになっている。


 もう、なるべく接点を持たないようにするしかない。
 最後、手続き関係の報告をするために、元夫にメールを書こうとするのだが、元夫にメールをすると、すぐに恨みごとや泣き言のメールが返ってくる気がして出来なくなってしまった。元夫との接触は本当にストレスで、恐怖でしかない。

 このところ不眠症が再現していて、眠れなかったり、眠れても1時間半ごとに目がさめるとか、睡眠不足気味だ。
 このところ、安定していた生理が2週間遅れた。昔から生理不順気味だったが、元夫と暮らしている時は、3〜4ヶ月来ない事もあった。さすがにそこまで遅れた時は焦った。セックスレスのくせに妊娠したのかと検査薬を買って検査したりした。我ながらアホだと思う。(爆)いや、ここは笑うところじゃない。(^^;)


 とにかく、これからは、私は自由だ。心の回復はゆっくりしていけばいい。

 離婚し、モラから離れる事が出来たけれど、このブログは続けて行きたいと思う。カテゴリを私が経験したモラルハラスメントについて以外も増やしていこうなどと考えている。

 そしてこれから、どんな風に自分の人生を生きるか、楽しみたいという気持ちでいる。
 今後もどうぞよろしくお願いします。


 最後に、絶好のタイミングで、完璧なまでのアドバイスをして下さったM&Mさんに心から感謝します。
posted by ブラン at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、ご無沙汰してます(*^^)v

横レスっぽくなりますが、M&Mさん、苦労をなさって、それがしっかり見についていて、人に優しくできるのですから、本当に素晴らしいですね。見方によっては、人一人の命を救った、とも言えますよね。
私も見習わねば・・・^_^;

それにしても最後の最後まで疲れますね。早く忘れて前向きに生きていきましょう。人生、きっとまだまだ捨てたモンじゃないですよ(*^^)v
Posted by 射手座のAo at 2007年06月07日 21:14
射手座のAoさん、こんばんは
ご無沙汰しておりました(^^)
はい、M&Mさんのアドバイスのお陰で、解決のための時間や、精神的な消耗を最小限に留める事ができました。
冷静さを失い、思い悩んでいるその時に指摘して頂いた事は、とても勇気づけられましたし、私だけのアドバイスにしておくのがもったいなくて、ブログに書かせていただきました。

結婚生活がうまくいかなかった事は辛いのですが、こうして助けてもらったりすると、私は一人ではない、と思えて、心が温かくなります。
これから私も、そんな風に誰かの役に立ちたい、って思います。皆がそうやって助け合いながら生きれたら本当に素敵ですよね。(^^)
そんな風に温かい気持ちを頂いた事に、心から感謝します。
射手座のAoさん、今後ともどうぞよろしくお願いします。
コメントありがとうございました!
Posted by ブラン at 2007年06月07日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。