2007年04月24日

自己否定感

 このところ私は、「自己否定感」に苦しんでいた。私は、生きているだけで罪で、存在するだけで迷惑で、人を不快にする。一刻も早く消えてしまわなければならない。幸せになる資格はない。
 そんな思考に陥っていた。それでも、そんな状況を冷静に分析する自分もいて、「自己否定モードな自分」を客観視していたりもした。

 が、最近の落ち込みは、仕事にも影響を及ぼすほどだった。

 私は、必死に業務をこなしているのに、その業務に対する報酬を得る資格がないという思考が頭から離れなくなってしまったのだ。

 仕事だから無償でする訳にはいかないから、お客様に料金を提示しなければならないのだが、それが辛くて辛くて、自分がとてもつもない罪な人間な気がするのだ。お給料をもらう事にも罪悪感を感じる。

 そして、動けなくなり、助けて、許して、と涙が止まらなくなってしまった。

 私は、奴隷のように一方的に人に尽くす方が精神的に楽で、違和感のない事のようだ・・・。
 それは異常だ。病んでいる、としか言いようがない。どう考えてもおかしい。

 なんとかしなければと思った私は、寝る前に布団の中でこの本を開き、音読してみることにした。 

心の傷を癒すカウンセリング366日―今日一日のアファメーション
西尾 和美 (著)


amazonに記載されている内容紹介には、以下のように記されている。

「機能不全な家族の中で育ったアダルト・チルドレンや、自分のことより相手の問題にとらわれてしまう共依存症の人たち、また過去の傷にとらわれて心を解き放すことができずに悩んでいる人たち、自分を愛することができずに苦しんでいる人たち、心の病は誰にでも起こります。毎日毎日、新しい健全なメッセージを自分に送り続けることで、ポジティブな自分に変われます!この本は「自分はだめだ!」と悲観的にならず、前向きに生きるための本です。」


 3日目には、随分落ち着く事が出来たと実感する事ができた。

 健全な自己愛を持つことが出来たら、今の私みたいに無用な苦しみに苛まれる必要がなくなり、心が楽になるんだな、という事が解る。
 この本は、同じような悩みで苦しむ方に、強くお勧めしたい一冊だ。


 そして、西尾和美さんの本でお勧めしたいもう一冊。

アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどす
西尾 和美 (著)


amazonの内容紹介文は以下の通り。

「家族から受けた心の傷から、人間関係でうまくいかないなどの生きづらさを抱えるアダルト・チルドレン。自分をアダルト・チルドレンと自覚したところから、どのように心の癒しをすすめればよいのか。そのさまざまな方法を紹介し、安全な場所として機能する家族のビジョンを提示する、自分と家族を愛するための一冊。」

 この本を読んで、自分は普通の家庭に育ったと思っていたけれど、実はACだったんだ・・・と思った。この歳になって親がどうとか考える事になるとは思ってもみなかったけれど、自分の成育環境において受けた影響は、心の成長に深く関わっている事が解った。

 いずれ、それについても思ったことを書いてみたいと思うが、普通の家庭だと思っていたけれど・・・という事は、誰にでもありうる事なので、私と同じように、誰かが自分の心が楽になるためのヒントになれば、そんな思いで記してみたいと思った。


 まだまだ、自分を必死に励ましながら生きている私だけれど、自然に自分を愛することが出来るように、頑張りたいと思っている。
posted by ブラン at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

書籍紹介

 今日は、書籍の紹介をしたいと思う。
 このブログで、モラルハラスメントについて私なりに書き綴る・・・と言っても、やはり基本は押えないと、と思ったのだ。(^_^;)


モラル・ハラスメント 人を傷つけずにはいられない
マリー=フランス・イルゴエンヌ[著] 高野 優[訳]



 これを手に入れたのは昨年の春だった。
 ある出来事をきっかけに、「夫との生活が辛くて仕方ない」と自覚し、間もない頃だ。

 この書籍の存在を知り、早速amazonで注文することにしたのだが、読みはじめてみると胸が苦しく、しんどかった事を覚えている。

 amasonでカスタマーレビューが見れるので、興味のある方はそちらもご覧頂くといいと思うが、私も、特に印象に残った事などを記しておきたいと思う。
(※なるべく書籍中に出てきた言葉を用いるようにした。読みづらかったり理解しづらい点は先にお詫びします。)


 この書籍によると、モラル・ハラスメントの加害者は、きわめて自己愛的な人間(自己愛的な変質者)である、と書かれている。
 そして、加害者は、内心の葛藤を自分の内部で処理できないため、外部に向けて、他人を破壊することで、不安から逃れようとする、という事も書かれている。


 暴言を吐いてしまったり、言葉により誰かを傷つけてしまうことは、誰にでもあり得ると思う。私自身も、気をつけよう、と考えさせられたりするが、普通は誰かを傷つけてしまったら後悔したり反省したりするものだし、罪悪感で苦しい気持ちになったりするだろう。

 だが、モラル・ハラスメント加害者の場合は、罪悪感を抱く事がない。

 そもそも、被害者は加害者のための身代わりの犠牲者(スケープゴート)であって、加害者が耐えられないものを引き受けてくれる入れ物なのだ。
 だから、加害者は精神の均衡をはかるために、自分の優位性を保つために、スケープゴートの対象者に対して、常に言葉や態度による攻撃をする必要がある。
 とても巧妙に、被害者や周囲にはそれが暴力なのだと解らないように、というよりも、加害者自身、悪いという意識が無いのだから、無意識の行為だったりするのだ。

 そのような恐ろしい人が自分の身近にいるということは、とても信じられないと思ったが、現実に起こっている事なのだ。

 いつの間にか人間失格の烙印を押され、ダメ人間扱いされ、自分に自信がもてなくなり、すっかり心が弱ってしまった状態では、自分を助けることは出来ない。
 状況を理解し、加害者について知ることは、自分の心を守るためにとても必要だと思う。この書籍に出会えてよかった、必読の一冊だと思う。

(※尚、家庭内のことだけでなく、職場モラハラについても書かれています)
posted by ブラン at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。